FC2ブログ

・・軽微な変更

工事途中の変更で比較的軽微な変更をそのまま”軽微な変更”といいます。
これは最後の完了検査の時に届けを出せばOKでした。
ただ軽ければ何でも良いかというと、これまでは以外と細かい部分で
この変更に当たらず大げさな変更と見られがちでした。その結果
たいした変更でなくても計画変更届などという面倒な届けを出す必要が
多々ありました。
その最たる物が建物の位置変更。建物の内容は変わらないのだが
敷地の中でちょっとだけずらしたいなんてことは日常茶飯事でした。
これまではこの変更は軽微ではなく計画変更。配置変更だけはできるだけ
避けたいとこれまでは考えていました。

それが最近の法改正?で解釈が変わり、あきらかにその他の法規に抵触しない
ことが明らかなら軽微な変更でも良くなりました。まあよく考えれば当たり前
のことですが、法規という物は面倒な物です。でもこの手の法改正は大歓迎です。

ただし拡大解釈は命取りになることもありますので、変更希望の場合はできるだけ
早めに設計者に相談しましょう。
スポンサーサイト



このたび地盤調査保証のジャパンホームシールド(株)という企業のJHSビルダーに
登録致しました。
この企業は地盤調査から地盤保証まで一貫して行う企業で、これまで設計事務所の立場で
地盤保証に関わることはできなかったのですが、登録したことにより設計段階で調査し
審査依頼、施工時の審査結果に即した補強等を行うことで地盤保証を受けることができます。
ただしいつでも使えるかというと、たとえば予算が少なくできるだけ地盤補強に予算を割き
たくない場合地盤調査の結果が明らかに良い場合は問題なく使えますが、結果が微妙な判断の
付きにくい場合これまでの調査結果の判断より厳しくなる場合が多く、多くの場合地盤補強が
必要となります。
ただ直接調査をした業者が判断した場合場所によっては周囲の状況やその土地特有の性格を
加味し良い結果になる場合もあります。この場合地盤保証を受けずに調査を直接行った業者
の判断に沿って施工する方が割安となります。
ちょっとわかりにくい話になってしまいましたが、今後住宅を新築する際には詳しくご説明
致しますので、ご遠慮なくご相談下さい。
1216445430.jpg

またしても大地震が起きたようですね。倒壊家屋も多く
改めて住宅への地震対策の必要性が問われそうです。

さて先日竣工した住宅に実は木造用制震構造のGVA工法
というものが採用されています。見た目にはわかりませんが
実は隠れた新兵器が搭載されています。

この工法、分類的には制震構造という部類に入ります。
これまで地震対策の方法として

1.耐震構造:字のごとく揺れに耐える工法。つまり建物をがちがちに補強し
地震に耐えましょうという工法。現在では当たり前のように採用されていますが
補強の方法もさまざま。費用もさまざま。

2.免震構造:揺れから免れましょうという工法。もともと大きなビル等で
採用されていた工法で、基礎部分とその上部の部分を切り離しダンパー等で
結んだもの。揺れは基礎のみでそれ以上上には伝えない工法。最も
効果的であるが最もコストの高い方法。最近大手住宅メーカーが
住宅にも採用しはじめています。

そして
3.制震構造:つまり揺れを制御しましょうという工法。具体的には
木造軸組等の筋交い部分にダンパー等を仕込んだ筋交いを追加する。
耐震構造に追加する方法だが、揺れ自体を特殊なダンパーで吸収し
軽減し揺れ自体を少なくする方法。免震構造よりもコストが低く
通常の木造在来工法に追加できるため採用しやすい等。

さて効果の程はというと・・・。まだわかりません。こればかりは
地震が来てみないとわからないというのが本音。
お客さんにもこればかりは説明のしようがない。保険的な感覚で
採用してもらうほかありません。仕組み的にはシンプルで効果も
わかりやすいかもしれませんが、地震を期待するわけもいかず。
費用的には標準的な2階建て住宅で+50万程度。免震構造よりは
遙かに安いと思います。ぜひご検討下さい。


1216445431.jpg

昨年竣工した鹿児島の住宅でやっとオーディオルームが完成した。
5.1chのサラウンドを含むシアタールームとなった。
視聴させてもらったが最高の音だった。音に関しては素人の自分でも
その良さが実感できた。これに80インチのプロジェクターで
見る映像は圧巻。決して広い部屋ではないのだが映画館で見ているよう
だった。ほぼ完全な防音室のため夜中でも廻りを気にせず
大音量で楽しめるそうだ。いままだお子さんが小さいので
夜中にこっそり楽しんでいるそうな。羨ましい。


Powered by FC2 Blog